2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月24日 (土)

ブドウの花弁

『原色樹木検索図鑑』(矢野 佐ほか著 北隆館)p.108 やまぶどうの項に、花器を図示し、その傘状頂部の説明として「5枚の花弁は頂部が合着したまま基部からはなれ落ちる」とあるのを見つけました。すぐ下に「花弁が落ちたあとの状態」としての図解もあります。
そうした生態に、今まで気づきませんでした。良いお気づきと画像のおかげです。

2008年5月20日 (火)

果実と側枝(豊橋)

2007.8.4上画像に関連して質問させてください。

白く四角いのが貼っててありますが、紙絆創膏ですか。貼ってあるのは、どういう意味ですか。

上記果実と同じ節から側枝が出ています。両方を残しておくのですか。片方を摘除することもありますか。

☆YuukisaikaTanetsugi☆Suginami*TOKYO☆http://homepage2.nifty.com/tane-tak/

2008年5月19日 (月)

夏果と側枝

接ぎ穂桝井ドーフィンに初なりの夏果が育っています。いちじく風呂さんの08.4.20ザ・キング夏果画像のように、同じ節から夏果と側枝が育っています。夏果を大きくしたい場合、側枝を摘除すべきかと思うのですが、そういうことは産地でも行われていないのでしょうか。あるいは、サカタのカタログに載っているバナーネ写真で、夏果と側枝が並立しているように見えます。側枝を摘除しても、逆効果なのでしょうか。

バナーネの葉柄

接いだバナーネ穂木が伸びてくれています。葉柄がピンク色をしているのですね。いちじく風呂様の画像で確認できました。

2008年5月 5日 (月)

堆肥作り

 初めまして。タネツギです。

 当方のHPを参考にしていただき、ありがとうございます。とてもそっくりな部分が多く見られ、びっくりしながら喜んでおります。

 実は、昨年心臓手術を受け、堆肥作りナシでの農法への転換を模索中です。HPの腐葉土堆肥作りは、過去のものとなってしまいました。そちら様で活用し、更に発展させていただければ、幸甚です。

 また何なりとご連絡ください。

☆YuukisaikaTanetsugi☆Suginami*TOKYO☆http://homepage2.nifty.com/tane-tak/

 

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »